ARAI SHOJI CO.,LTD

代表者メッセージ

MESSAGE

MESSAGE代表者メッセージ

「日本の価値を世界へ」

「クルマ」と「食」のゲームチェンジャーかつ
マッチメーカーを目指します。

「日本の価値を世界へ」
  • 代表取締役社長 荒井亮三
  • 代表取締役会長 荒井寿一

 創業から人々の生活に欠かすことが出来ない「クルマ」と「食」に関連する事業を中心に成長してきたアライグループは、常に新しい事業を開拓し続け、時代の変化と共に、様々な事業を行ってきました。

 1920年に米穀等卸売業を創業以来、1961年にトヨタパブリカ平塚(後のカローラ湘南)設立、1964年に日本初の生鮮3品を含めた食品卸のワンストップショッピングを実現した総合食品市場の開設、1976年に食品スーパー事業、ブラジル事業を開始、1978年に大磯定置網漁業設立、1980年に“ガラナ” (ブラジルで最も人気のある清涼飲料)の日本への独占輸入販売開始、1984年に米国事業開始、1987年にコンピューター制御による中古車オークション会場の開設、1995年にポルトガル沿岸で唯一の定置網漁業の操業開始、2003年に中古車トラック・オークション会場が世界ナンバー1に、2014年に農業生産事業開始、2015年に建機オークション開始、2019年にフードロス等対策事業開始などが挙げられます。

 現在、当社の主要事業・取扱商品は多岐に渡ります。オークション部門では、中古の乗用車、オートバイ、トラック等商用車、建設産業機械、農業機械。食品流通部門では、農業生産集荷加工販売、花の卸売市場から加工場経営、こだわり食品の卸売・小売、地域密着型食品スーパー、ヨーロッパ・南米・東南アジアより食品の輸入販売、生鮮品の熟成と鮮度管理が出来る機器や製品の販売、外食事業など。遊技部門では、パチンコホールの運営。ポルトガル南部での定置網漁業・畜養事業、ブラジル・サンパウロでのホテル経営・不動産業・貿易業など海外にも積極展開しています。

 次の100年に向けても、安定的で無限の可能性のある「クルマ」と「食」の分野へさらに注力していきます。「クルマ」では中古車両のみならず日本で使われた様々な中古品や有効利用できていない商品へ扱いを拡大、「食」では生鮮食品や日本各地の名産品を取り扱い、いずれもゲームチェンジャーとしてのプラットフォーマーを目指します。健康・美容分野にも取り組んでいきます。さらにDXの活用により、既存事業とは全く異なるビジネスモデルである「情報仲介業」への挑戦、具体的には「クルマ」はB2B、「食」はB2B&Cのグローバルなニーズとローカルなウォンツを繋ぐマッチメーカーを目指します。
これらの実現のために、会社が社員の挑戦を歓迎し失敗を受け入れることで、社員が失敗を恐れずに積極的に行動していけるような職場環境を醸成していきます。

 創業101年を迎え、長年に渡って築きあげてきた信用という財産を基盤に、新たな事業に挑戦し続けるアライグループにご期待下さい。