事業紹介 BUSINESS INTRODUCTION

ポルトガル

TUNIPEXTUNIPEX

温暖な気候と美しいビーチで、ヨーロッパ有数の夏のリゾート地として年間約800万人の外国人観光客が押し寄せる、ポルトガル南部アルガルベ地方。大西洋に面し、地中海への出入り口に隣接したこの地は、多くの水産資源に恵まれています。アルガルベ最大の漁港であり、多くの人々が漁業に携わるオリャオン市に、1994年に設立されたのがチュニペックス社です。

チュニペックス社は、ポルトガル政府によって同国沿岸での定置網漁業実施を認められた企業です。日本の資材と技術をベースにして、クロマグロや他鮮魚の漁獲などを行っています。

クロマグロはその大きさ(100kg~200kg超)、良味からマグロの王様と呼ばれており、中でもチュニペックス社の定置網で捕獲される天然/蓄養のクロマグロは価格・品質的に最高ランクです。同社は、充実した設備と最先端の鮮度維持技術により、最高のクロマグロをお客様へお届けしています。

TUNIPEX

他にも、活魚の捕獲と提供(生きたままの魚を傷つけずに捕獲し、自前の活魚槽および各種設備を利用してそれらを保管、世界各地の水族館や水産関連研究施設等に提供)や、観光定置事業(巨大な生け簀の中でクロマグロと共に泳げるダイビングツアー)を実施したり、地味あふれるポルトガルワインの輸出、EU圏内の新規商材の開拓などに取り組んでいます。

事業開始からすでに四半世紀、グローカル(グローバル+ローカル)なビジネスを今後も拡大していきます。

ブラジル

ブラジル

まだBRICs(ブリックス)という言葉が存在しなかった1970年代からアライグループはブラジルに進出し、様々な事業を展開してきました。現在はガラナ・アンタルチカを始めとするブラジル商材の日本向け輸出、サンパウロ市内の好立地に位置するビジネスホテルの経営、不動産業等を営んでいます。