荒井商事の創業は大正9年(1920年)。故荒井源太郎によって、米穀卸売業として産声をあげました。以来、ひとつの分野にとらわれることなく、様々なビジネスを展開してきました。現在は、中古車流通の中核となるオークションを通じ、高品質な日本の中古車・商用車・建設機械を世界中へ送り出す「オークション事業」、食品の生産・貿易といった流通の川上から、卸売・小売・外食といったエンドユーザーにリーチする川下までを網羅して行う「食品流通事業」、地域の人々へ『楽しみ・癒し・やすらぎ』を提供する「遊技事業」といったビジネスを手がけています。時代を捉え、地域に特化したこれらのビジネスは、いずれも当社の掲げるミッション「信頼・創造・笑顔」を礎に生み出され、そしてまたミッションに帰結しています。

多彩な事業展開を続ける当社には、社員の個性を尊重する風土があります。1人ひとりが、自身の得意分野を活かしながら活躍することができます。約1世紀にも渡る長い歴史の中で、確かな成長を遂げてきた荒井商事。ですがまだまだ道半ば。私たちはこれからも挑戦することをやめません。なぜなら、常に挑戦者として攻め続ける姿勢があったからこそ、どれほど時代が変わろうと、決して揺らぐことのない企業へと成長できたからです。そんな私たちの考えに共感していただける方と、この先の荒井商事を一緒につくっていければと思っています。

コーポレートサイト
pagetop